地デジに担がれるな!

録画

地上デジタル放送(地デジ)の録画に関しての質問も多く見かけるので、少し解説しましょう。

録画について

始まりは、2004年4月5日でした。その日からすべてのデジタル放送にコピー制御がかけられました。その理由は、放送業界からの苦情でインターネットでデジタル放送を録画したビデオが出品されたためです。そのために、「著作権を守る」といった理由でコピー制御が付加されたそうです。アナログの場合は関係なかったのに、デジタルだと著作権かと思った人もいるのではないですか?

ちなみに、主張したのは、あくまでも放送局の主張で、著作権者からの苦情ではなかったそうです。

それはさておき、デジタルデータの場合は、アナログと違って何度繰り返してもデータの劣化が無く、そのため画質や音質ともに劣化がない事になるのです。そのため、1つのコピーがあれば、ほぼ無限に、画質がキレイなままの映像を増やし続けることができます。それを防ぐために、コピー・ワンスと言われる「1回だけコピーが可能」なコピー制御信号が加えられるようになったのです。

しかし、このコピー制御が入ったために、録画した後の複製が不可能となり、めでたし、めでたしとなったわけではありません。例えば、HDDレコーダーにコピーした場合、その後にDVDにコピーすることもできなくなったため、多くの視聴者から不満が起きたのです。それでも、HDDに録画した内容をDVDに移動させるには、HDD内臓DVDレコーダーなどを使用しなければなりません。また移動させた場合。HDDからその内容は消去されます。これはムーブ機能と言われます。

パソコンを使う人は「バックアップ」知っているでしょう。その当時は機器の不具合によるデータの消失することがあったので、コピーを数枚取っておく人がいましたし、DVD-Rでは単純な録画さえ禁止されるなどの、不利な立場にされたので、各方面からの批判が起きました。そのため、現在ではダビング10というものを利用されていますが、コピーワンスと本質的に変わりは無いので、やはり、批判はなくなっていないようです。

録画と画質・音声

基本的に、地上デジタル放送(地デジ)のようなフルハイビジョンのままの画質と音声で録画しようと思ったら、ハイビジョン録画機能を持つ録画機器が必要となります。ハイビジョン録画機器は「HD DVDレコーダー」 、「ブルーレイディスクレコーダー」、「D-VHS」などが挙げられます。これらの機器で録画すれば、地上デジタル放送(地デジ)のフルハイビジョンの画質と音声をそのまま残すことができます。

基本的に録画だけなら、VHSでも録画することは可能です。問題なのは、画質や音声がフルハイビジョンのまま残らず、標準画質(今のアナログぐらい?)になってしまうと言うことです。ちなみに、DVDレコーダーで、録画する場合は、付加されているコピー制御と同じ方式のCPRM対応のDVDレコーダーで、同じくCPRMに対応しているDVDディスクが必要になります。その場合、画質はハイビジョンを保てない場合があります。

著作権

著作権では、「私的使用のための複製」は問題ないとされます。つまり、自分で使うために複製を作ることは許されています。複製したものを無制限に他人に配布したり、売却したりした場合は、著作権法を違反したことになります。また、コピー制御信号を解除するだけでも犯罪となります。「知らなかった」ではすみませんので、注意しましょう。

Valuable information

マナーを守って

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

ご意見とご感想 † リンク集 † サイトマップ