地デジに担がれるな!

本当に必要?

地上デジタル放送(地デジ)は確かにキレイですが、いろんなデメリットもあるのが分かったと思います。本当に必要でしょうか?

地上デジタル放送(地デジ)とアナログ放送

今はいろんな所で、地上デジタル放送(地デジ)の準備をお願いします。といった広告を見かけますが、本当にここまで急に、地上デジタル放送(地デジ)にする必要があるのでしょうか?確かに地上デジタル放送(地デジ)は、メリットがありますが、デメリットの方が多いですし、そのメリットもアナログ放送でもできたのではないかと言うものもあります。管理人としては、地上デジタル放送(地デジ)の移行は、もう少し、みんなの理解度を上げてだと思います。

実際に、理解度が少ないために、悪徳商法の被害も起こっていますし、中には、テレビの買い替えだけで地上デジタル放送(地デジ)が見れると思っている方もいるかもしれません。地上デジタル放送(地デジ)の移行は10年間の余裕がありましたが、それでも、話題になったのは、4〜5年ほど前くらい、地方にいたっては2〜3年前くらいでしょう。また、CMでもどこがどう変わるのかなどは、ほとんど紹介されていません。

放送業界

また、デメリットではあえて視聴者側のことをメインとして、紹介してきましたが、実際は放送関係者も手を焼いています。

まず、放送関係者は地上デジタル放送(地デジ)に移行するために、機材を新しくする必要も出てくると思いますし、著作権のためのコピーガードと視聴者からの批判で板ばさみにされています。更に今のアナログテレビの中継所は、デジタル放送になるために建て直しする場合が出てきます。それらの対策が、2年後の2011年のデジタル放送開始までに間に合わない可能性も高いですし、視聴率が上がるわけでもありません。

他にも、デメリットのページのページでも書きましたが、東京スカイツリーの工事費やそのほかの障がいを持っている人のための補助のために、数千億円もの税金を使用する予定だそうです。税金が少ないなんていっている中で、そんなお金どこから引っ張り出すのでしょうか?

普及率の問題

地上デジタル放送(地デジ)の普及率も怪しいです。2008年9月(?)には、普及率の目標は50%となっていたのですが、3%ほど届かなかったそうですし、2011年にアナログ放送が停止するのを知っている人が、約75%だったそうです。つまり残りの25%である、3000万人ほどは知らなかったという事になります。また、最近の不況のために、更に普及率は鈍化してしまうのではないでしょうか?

問題が山のように積みあがっていますが、これらを解決するためには、2011年には間に合わないでしょう。だからといって、アナログ放送の放送期間を延期すれば、普及率は更に鈍化します。最近では、地上デジタル放送(地デジ)の放送に反対するといったような、地上デジタル放送(地デジ)を批判(?)したようなサイトも増えているので、多くの人が理解度を強めていけば、反対の意思を持ち始める人も多くなると思います。はてさて、国会の「エライセンセー」はどうするのでしょうか?

recommend

Gyao!
http://gyao.yahoo.co.jp/

マナーを守って

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

ご意見とご感想 †  † サイトマップ